· 

子ども虐待の原因 ヒトは群れで子育てする

子どもの虐待の原因として、特に今の日本での子育ての厳しさがあります。

 

行動生態学においてヒトは

 

メスのみが子育てをする動物(哺乳類の多く)ではなく

 

両親そろって子育てをする動物(鳥類の多く)でもなく

 

両親以外の、血縁、非血縁含む多くの個体が子育てに関わる

 

「共同繁殖」の動物だそうです。

 

-------------------------------------------------

1.ヒトはみんなで育児する

2.中国とフランスの子育て

3.一人で(二人で)頑張らないで

-------------------------------------------------

 

 

1.ヒトはみんなで育児する

明治より前の日本では、武家では乳母(うば)が子育てして母親は子育てしなかったし

 

庶民は長屋や村全体で子育てし、母親が孤立することが少なかった。

 

現代の日本の子育ての孤立化は、ヒトの子育て「共同繁殖」に反しています。

 

最近はイクメンやイクボス、カジメンなどという言葉ができていますが、そもそも、両親だけで育児をすることさえ「共同繁殖」ではない。

 

子どもは学校から、友達から、近所のおじさん、おばさん、祖父母や親せきのおばちゃん、近所の子どもの親など

皆とかかわり、いろんな体験をして世の中を知るもの。

 

 

2.中国とフランスの子育て

中国では祖父母が孫を育てるのは普通です。

はじめて中国人の友達がわが子を中国の祖父母に預けて、日本で働いていることを聞いた時驚きました。

 

さみしくないの?

 

さみしいけど中国では普通よ。と友達は言いました。

 

中国の母親の8割以上は日常の子育ての支援者として「祖父母・親せき」をあげると言います。

 

一人っ子政策や、家族のつながりを大切にするという文化もあるかもしれない。

 

 

フランスは2019年度出生率1.87人、

(日本は1.36人)

フランスでは「子育ては大変なこと」という認識が基本的にあるらしいです。

 

そもそも妊娠することから、女性の意思が尊重されている。

 

フランスでピルの使用率は41%

(日本は1%未満)

 

緊急避妊薬を未成年には匿名で無料配付、中高校生は学校にいる看護師から匿名で受け取れるそうです。

 

出産関係費は無料、6歳までの子どもの受診料は基本無料

 

3歳からは、全入・無料の公立幼稚園に入り、6歳未満の保育・教育には日本の6倍の公的資金が払われているという。

 

子どもを育てるために社会全体が親を支援するという考え方です。

 

 

3.一人で(二人で)頑張らないで

母親ももちろん父親も、子育て期間にはいろんなことが起こります。

 

ましてこのコロナ禍、安定した満足のいく収入を得ている親はどれだけいるだろう。

気持ちや生活に余裕のある親はどれだけいるでしょう。

 

二人(または一人)だけで子育てをすることがそもそも無理なのです。

 

わたしたちは「共同繁殖」するヒト、なんです。

 

一人で(二人で)頑張らないでほしいのです。

 

子育てを支援するしくみや人はたくさんあります。

 

中国やフランスほどではなくても。

 

周りを見回して、助けてくれるツールを探してほしいのです。