· 

虐待被害 「暴力と支配」親のパーツを取り込む

親に虐待を受けてきた人は、暴力で他人を支配するというパーツを、自分の中に取り込んでいるかもしれない。

 

-----------------------

1.暴力と支配

2.あなたの強さ

3.元気でいること

-----------------------

 

 

1.暴力と支配

やられてきて嫌だったから、ずっと「暴力も支配」も意識してやらなかったけど、

目の前にわが子がきたとき、信頼したい大切な人が出来たとき、取り込んでいたそのパーツが目覚めて「暴力や支配」を、今度は強者という立場で行使する。ことがあります。

 

前回は弱者だったから、やられる一方だったから、強者になった時には万能感を感じてしまうのを止められない。

 

でも本当はその「暴力や支配」の奥に、当時の自分の悲しみや苦しみがあり、きっと殴っても叩いても、嫌な気持ちから逃れられない。

 

だってその手は言葉は、ほかならぬ自分に向かってやっているのだから。

 

殴りながら自分が痛い。

苦しい。

 

親のパーツ、「暴力や支配」からくる悲しみや苦しみは、それを認めたくないから違う形に変わって出てきます。

怒り、自傷、依存、過食や解離

 

 

2.あなたの強さ

自分の心を守るためです。

 

子どもを殴るとき、パートナーに怒りをぶつけるとき、

自分の手首を傷つけるとき

 

悲しみから自分を守っている。

 

全て自分を守る防衛反応です。

そうやって自分を守ってきた。

 

なんとかして生きてきた。

 

あなたは強い。

 

しかしそれは同時に苦しい。

 

 

3元気でいること

じゃあどうやってその苦しさから逃れたらいいんだろう。

怒り、自傷、依存、過食、解離を手放したい時。

 

方法はいくつでもあります。

そのどれを選ぶのか、何がいちばん取り組みやすいのか、あなたは既に考えていると思います。

 

既に行動も起こしている。

 

そんなに簡単じゃない。うまくいかないことに焦っているかもしれない。

 

怒っているかもしれない。

イライラしたり落ち込んでいるかもしれない。

しかし一番大事なことはそれを継続することです。

 

簡単ではないのです。

知っていますね。30回や50回、100回やっただけで変わるようなことではないことを。

 

そして常に新しい対処方法にトライする元気を持ち続けること。

 

それが一番必要なのかと思います。

 

元気でいること。

あなたが少しでも元気でいることです。

 

それが難しいのだけれど・・・・