· 

虐待をやめたい ゴールの細部までイメージする

虐待だけじゃない、いろんな解決、いろんな望みがあるとき、ゴール、それも細部までイメージすることは有効だと思います。

 

自分の中にこんなことできるわけない、私には能力も助けもない。八方ふさがりに思える時、イメージは強力な武器になる。

 

細部のゴールが強力な武器だと思う時、ひとりの女性の紅潮した笑顔を思い出します。

ブリーフセラピーの事例DVDで19歳の黒人の母親が、セラピストとの話の中での笑顔。

 

-----------------------------------------

1.ゴールの詳細を聴く質問

2.語りの力

3.ノートに書いてみる

-----------------------------------------

 

 

1.ゴールの詳細を聴く質問

セラピストは若い母親にこう訊きました。

 

「その時お子さんたちはどんな様子ですか?」

 

19歳の母親は同居パートナーの暴力で二人の子供を取り上げられ、養育家庭に連れて行かれている。

彼女は二人の子供を取り返したい。子供らと暮らしたい。そのために暴力パートナーと別れ、重なる脅しからも自分を守り、自分の意志でセラピーに来ていました。

セラピストは尋ねます。

 

「もし今晩寝て、寝ている間に奇跡が起こったら、

明日の朝、目覚めたあなたが最初に見るものは何?」

 

19歳の母親はいいます。

 

「奇跡が起こったら?

うーん、

想像できないけど、

 

そうね、もしも本当に起こるとしたら

目が覚めたときに子供たちがわたしの目の前にいるってことね」

 

そしてセラピストは聞くのです。

 

「その時お子さんたちはどんな様子ですか?」

 

「エキサイティング!

ふたりは喜んで飛び上がっています!

ママ!帰ってきたのね!と叫んでいます」

 

「あなたはどんな気持ち?」

 

「エキサイティング!

凄く幸せ!」

 

 

相談に来ている方にとって大切な人とその人の気持ち、様子、そしてそれを見たときの自分の気持ちを訊くのです。

その奇跡が起きた時の。彼女の表情がみるみる変わる。

まるでそこに子供たちがいるみたいな紅潮した頬。

生き生きとした目。

 

 

2.語りの力

ブリーフセラピーで使う、ミラクルクエスチョンという質問です。

 

「今晩寝て、目覚めたら奇跡が起こっていたとしたら・・・

さて明日の朝、あなたが目にするものはなんですか?」

 

その方の本当の望みを明確にするのが目的ですが、イメージを語っていただくことで自分の意志を強固にもする。

 

 

3.ノートに書いてみる

その状況を細部までイメージして、そしてそれが実現できる、自分の意思でやり遂げる。

それを心の中で固めるのはその方の「語り」です。

 

繰り返しありたい状況を頭に思い浮かべて、気持ちを強固にすることも有効だと思います。

しかし人に語るとイメージは更に明確になり、外に出して再度自分に戻す作業で 外部からその状況が自分にインプットされます。

 

そうなるともう自分だけのイメージではない。

 

もしあなたに語る人がいなければ、ノートに書いてみてください。

言葉で外に出すか、文字でだすかの違いだけです。

 

そして細部まで、です。

 

ある朝、

奇跡が起こった朝にあなたは最初になにを見ますか。

 

その時の子どもの様子、言葉、自分の声かけ、会話や子どもの表情、自分の表情もです。

あなたはいつ、どこでその奇跡に気付くでしょう。

 

その時の自分の気持ち、家族、子どもの気持ちはどんなですか

 

ゴールがイメージできたら8割は実現できるんです、

と、セラピストは言います。

 

ノートに書いてみてください。