· 

ADHDだったら虐待してしまってもしかたない?

「うちの子はADHD」かなしろにゃんこさん

の本を読みました。

 

私が4か月学校でのつきそいをした、小4の自閉症の男の子の事を思い出しました。

よく床に転がったり、教室から逃げ出して廊下を追いかけました。

 

この本の、おかあさんの不安や苦しさ、日々の生活のしんどさ、子どもが皆に責められた帰り道

涙がこぼれるところなど泣きたくなります。

 

虐待のご相談をお受けしていて、うちの子は発達障害なんです、というお話をうかがいます。

子どもはかわいいのにイライラして怒ってしまう。泣かせてしまう、そしてお母さんも泣いている。

 

本を読んで、こんな毎日だったら疲弊しないほうがおかしい。

繰り返される問題行動、わが子なのに理解できない、周囲からの無理解と自分への批判。

 

疲労が重なると自分が動けなくなる。

 

ご相談にいらっしゃるお母さんはいいます。

これは虐待ですか?ネグレクトですか?

 

もっといい母親になれるはずだったのに。なりたかったのに、これでは大きくなったらひどい人間になってしまう。

人とうまく付き合えない、人を傷つける人間になってしまう。 

自立できずに社会に出られなくなってしまう。 

だから今私がもっといい母親にならなくちゃならないのに

…できないんです。 

 

おかあさんは十分頑張っている。

子供を理解しようと本を読み、ネットを探し、療育の先生の話を食い入るようにきいて

子供を叱らないよう、キレないよう我慢し、ありとあらゆる努力をして今日までやってきた、 

 

誰もほめてくれない、理解してくれないけど子供はわかっている。

そして子どもは成長する。 

目には見えないけど日々、月々変わっている。

 

今おかあさんが完璧にできなくても子供は変化していくんです。

 

今はあなたが一番あなたを大切にしてください。

 

つらいならごはんを作れなくてもいい。怒ってキレてもいい。叩いてしまうことがあってもいい。

洗濯も家事もできない時があっていい。

 

こどもを殴らないためにトイレにこもって泣いてもいい。

泣き叫ぶ子供の声をドアを隔てて耳をふさいでもいい。

 

今はあなたが元気になることが最重要です。 

 

電話相談、子どもが横で大声で泣いているのが聞こえます。

 

子どもには力がありますお母さんには想像もできないすごい力です。 

 

子どもの力を信じてください。

あなたが完璧でなければ素晴らしい子供に育たないと思うのは思い過ごしです。

 

育てにくい子ども がいて、しんどい日常をすごしていたら

いつでも良い母親でいることなど無理なのです。 

 

どこかで息抜きをして、自分のために時間を使い、自分を一番大切にしてください

 

自分がぼろぼろでは子供にやさしくなどできないのです。

 

そういいますが、そこでお父さんが理解してくれるといいなあ。 

 

実家が助けてくれるといいいなあ。

子ども家庭支援センターや、療育、保健所、探せば支援の場所はいくつもあります。

 大切なのは、誰かに助けを求めること、手伝ってくれる人を探すこと。

そのエネルギーを確保するために

ご自分を一番大切に大事にしてください。